HOME   リンク  サイトマップ
金魚と仲間たち

金魚の日常飼育

金魚が家に来たけど、どう育てたらよいのかわからない。そんな人もいるのではないでしょうか。ここでは金魚の目線で、飼育のポイントを毎日の飼育方法、定期的な飼育方法、1年を通した飼育方法として紹介します。

毎日の飼育方法:餌について

金魚(ヤマダ)
餌は1年を通して、金魚が5〜10分間で食べきれる量を1日3回与えます。特に暖かい春〜秋は、キンギョにとって成長の季節になります。1回に与える量が多すぎると水を汚したり、消化不良を起こしてしまいます。
ロボット(ロボ)
オレモ胃ガ弱クテネ…。
猫(サカモト)
変なもの食べてるんじゃない?
ヤマダ
そのため、1回に与える量を少なくして、あまり大きくしたくない金魚には餌は1〜2回、大きく育てたい金魚には4〜5回に分けて与えるという方法もあります。冬は水温が下がって運動量が少なくなりがちです。餌を与える量は控えめにしても大丈夫です。むしろ食べ過ぎないように注意をして与えてください。
サカモト
ヤマダさんのような体型をめざしましょう!
ロボ
ダイエットデモスルカナ…。

▲ このページのTOPに戻る

定期的な飼育方法:水換えについて

水換えは、水槽の大きさ・飼育頭数・餌の量によってちがってきます。そのときそのときで、水槽の様子をチェックし、水換えのタイミングをつかめるようにしましょう。

水換えのサインを見逃さないで!

  • 餌の食べかすが残っている
  • ポンプから出る泡が消えない
  • にごっている
  • 金魚の体に変化が起きた

水換えに向いている日

ヤマダ
では実際に、どのように水換えを行ったらよいのでしょう。水換えに向いているときというのがあります。晴れた日の午前中なんかは、水温が下がりにくくて金魚にとってもダメージが少なくすみます。それと、キンギョが餌を食べて消化していないときは、水換えすると体調を崩してしまいます。
ロボ
今日ハ晴レテルナ…。
サカモト
何かたくらんでいる?

水換えの方法

※注意!オ食事中ノ人ハ、気ヲツケテ読ンデクレヨ!(ロボ)

ヤマダ
水換えをするときは、基本的に古い水と新しい水を混ぜるようにします。そうすることで、水の急な変化にもついていけるんですね。それに全部取り替えてしまうと、バクテリアやプランクトンまでいなくなってしまい、新たに環境を作らなくてはいけません。新しい水を古い水の割合は、水温が高いときは新しい水を多く、水温が低いときは古い水を多くするのがコツなんですよ。
ヤマダ
ングッングッ。
サカモト
水槽の水、キンギョごと飲み始めたよ。
ヤマダ
ロボさん、大丈夫?
ロボ
フイ〜。オナカパンパン、ヒクッ。
サカモト
よっぱらってるよ…。
ロボ
オゲエ〜。
サカモト
あっ、キンギョが出てきた。水がきれいになった!
ヤマダ
ロボさんは水換えできるんだね。

▲ このページのTOPに戻る

1年を通した飼育方法:季節の管理について

1年を通して

金魚は季節によって活動する時期や休む季節を調節しています。よく水温を一定にしなきゃいけない、年中同じような管理をしなくちゃいけない、と思われる方がいるようです。けれど、季節を感じさせることによって、メリハリがつき、自然の環境と同じような中で暮らすことができるので、健康で元気に育つことができるんですよ。15〜28℃に保つと快適に過ごすことができます。

寒い冬を越え、少しずつ暖かくなってきました。水温が上がってきたら新しい水3:古い水7くらいの割合で水換えをし、少しずつ餌の量を増やしていきましょう。

梅雨

梅雨の時期になると、じめじめとして、病気になりやすい季節に入ります。餌を与えすぎたり水が汚れたままにならないように、病気の予防を心がけましょう。

梅雨

梅雨の時期になると、じめじめとして、病気になりやすい季節に入ります。餌を与えすぎたり水が汚れたままにならないように、病気の予防を心がけましょう。

梅雨を越え、夏真っ盛りになると、金魚はぐんぐん成長します。餌や水換えの回数を多くしてキンギョの活動に追いつくように世話してください。暑すぎると熱中症になることもあるので、水温の上がりすぎに気をつけてくださいね。

秋になると過ごしやすい季節になり、餌をたくさん食べた金魚が美しくなります。人間が季節の変わり目に体調をくずすのと同じように、金魚も水温の変化などで体調をくずすことがあります。気温の変化に合わせた飼育をしてください。

冬になり、水温が10℃以下になると、金魚はじっとして動かなくなります。秋までにたくわえた栄養で、冬眠をして過ごすのです。けれど、日によっては暖かい日もあって、そんな日は動いています。気温に合わせて餌を与えたり、水を少しずつ入れ替えるなどの管理をしてください。

(参考文献:金魚選びかた・育て方+メダカ[著]小石川虔(けん)[発行]立風書房)

▲ このページのTOPに戻る

<< 前のページ 「金魚の飼い方」に戻る

このページをブックマークする
Yahoo!ブックマーク  Google Bookmarks  はてなブックマーク  niftyクリップ  livedoorクリップ  del.icio.us
Copyright 2008 金魚と仲間たち All rights reserved.